びきゃく手帖

女性なら誰もが憧れる「美脚」。脚痩せするためには、どんな方法があるの?思いがけないことが、足太い原因にもなっています。「美脚」のための情報を紹介します。

足のむくみについて

靴を買う時間はいつがいい?足のむくみを考えないとダメ!

更新日:

靴を買う時間

あなたは靴を買う時間を気にしていますか?

「いつ買っても同じでしょ。」と思ってませんか。

靴は時間帯を考えて購入しないといけません。

なぜなら、足のむくみが影響するからです。

足のむくみがあると、足の大きさも変わってきます。

靴を買う時間を考えなければ、結局足に合わなくなり痛みなどにつながります。

靴を買うのに、一番適した時間はいつなのか。
時間によって靴の選び方の違いを紹介していきます。

靴を買う時間帯は、いつがベスト?夕方がいいのは本当?

昔、靴を買うなら夕方に買いに行けと言われました。

理由が判らず迷信的なことなのかと思っていたのですが、実はちゃんと理由があったのです。

一般的にも、靴は午後、夕方に買うと良いと言われています。

いろいろな靴メーカにヒアリングした時も、やはり靴は夕方以降に買いに行くことを推薦していました。

人の足は、夕方ごろから足がむくんで大きくなります。

足のむくみが出る時間に、靴のフィッティングをすると良いという理由です。

個人差がありますが、やはり一番足のむくみが出やすい時間帯は夕方ですよね。

ちょうど1日の疲れも足元に出ているので、パンパンにむくんでいる場合もあります。

この時間帯に靴を選べば、むくみが出て靴がきつくなってしまう事態を避けることができます。

靴のサイズが小さすぎると痛みが出たり、足が傷付いたりして、ちゃんと歩くことができなくなる可能性があります。

その可能性を避けるためにも、あらかじめ足のサイズが大きくなっている時間帯を選んで靴を買うことをおすすめしているのですね。

ただ、足のむくみには個人差があります。

足のむくみが酷い人は、夕方以降の靴を買うことがいいでしょう。

むくみがあまり出ない人は、夕方に限らなくても良いですよね。

朝と夜の足の大きさには、違いがあるんです

足は、1日のうち夕方一番大きくなります。

朝と晩では、足のサイズがだいたい5mmから10mmくらいに違いが出るといわれています。

靴のサイズを選ぶ場合の5mmから10mmの違いは大きいですよね。

足の大きさが時間によって変化するのは、1日の間に立ち歩いたりして足が疲労しむくみが出ることが原因です。

夕方以降に靴を選んだ方が良い理由は、1日のうち一番足のサイズが大きくなる時間に靴を買っておけば、靴のサイズがきつくなったりしないという訳なんですね。

ただ、絶対に靴を買う時間は「夕方でなければならない」という訳ではありません。

例えば、常日頃から午前中に歩くことが多い人は、むしろ午前中に靴を買いに行くと良いですよ。

一日のうちで、一番靴を履く時間に足のサイズを合わせるのですね。

行動時間が日中の人は、お昼頃に靴を買いに行くなど工夫してみて下さい。

靴を買うときは、靴をフィッティングしている時間を考慮してサイズを選びましょう。

午前中に靴を買う人は、夕方に靴がきつくならないように少し大き目を選びます。

夕方に靴を買う人は、逆に靴がぶかぶかにならないように少しきつめを選びます。

1日の間にも足のサイズが変わることを判っておくと、靴を買うときにキチンとサイズを判断することができますよ。

そもそも、夕方に足がむくむ原因とは?

夕方は、一般的に足のむくみが強く出る時間帯です。

立ち仕事や、デスクワークなどの座り仕事をしている人は特に、むくみが酷くでる場合があります。

ちなみに、デスクワーク中は靴を脱げるなら脱いだ方がむくみ対策になります。
詳細は、下記の記事を読んでください。

デスクワーク中は靴を脱ごう
デスクワーク中は靴を脱ごう!履いたままだと足が太くなるかも?!

デスクワークは実に身体に不調をきたす仕事であります。 その中でも、女性が一番困っているのは、足のむくみではないでしょうか ...

続きを見る

足は、身体の中でも一番低い場所にあるだけに、体中の水分が留まりやすい場所になります。

基本的には、ふくらはぎをポンプ機能にして足元の水分は心臓へと送られていきます。

しかし、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事では、歩くことがほとんどありません。

ふくらはぎのポンプ機能が上手く働かないのですね。

そのため、足元に送られることのなかった水分が溜まってしまい、足のむくみが出てしまうのです。

むくみが出ないようにするためには適度な運動を行ったり、過度な水分摂取をやめたりする必要があります。

また、食生活などに気をつける必要もあります。

夕方でも、あまりむくみが出ないようにしたいなら、日中にふくらはぎを動かすストレッチなどを行うと良いですよ。

ちょっと開いた時間があったら、ふくらはぎや足の裏をマッサージしてあげるのも有効です。

最近では、サプリを利用して足のむくみを軽減する方法もあります。

詳しくは下記の記事を読んでくださいね。

するるのおめぐ実
するるのおめぐ実を飲んでみた!足のむくみ対策になった?!

あなたが足のむくみに悩んでいるのなら、評価の高い「するるのおめぐ実」をお試ししてみませんか? 私も仕事上、足のむくみに悩 ...

続きを見る

足にむくみが出てしまうのは人の身体の構造的に仕方がないことです。

仕事帰りに、キツイ靴を履いて帰る羽目にならぬよう、靴を選ぶときは夕方以降にすると良いですが問題がないというわけではありません。

一番靴を履いて歩く時間が多いときに合わせるのがベスト!

足が一番むくんでいる時間帯に合わせて靴を買うと、デメリットもあります。

むくんでいる時間以外は、大きい靴を履いている状態ということになりますよね。

小さい靴を履いていることも足には問題がありますが、大きい靴を履いていることも足にはよくありません。

大きすぎる靴は、外反母趾の原因にもなります。

靴の中で足が擦れてしますこともありますよね。

靴を履いて歩くことが多い時間帯に合わせるのが一番とも言われています。

営業の人なら、外回りで歩く時間帯の足の状態に合わせて靴を買う。
デスクワークで通勤以外は、あまり歩かないという人は夕方以降の足の状態に合わせる。

など、自分の状況に応じて、靴を買う時間を決めましょう。

-足のむくみについて

Copyright© びきゃく手帖 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.