びきゃく手帖

女性なら誰もが憧れる「美脚」。脚痩せするためには、どんな方法があるの?思いがけないことが、足太い原因にもなっています。「美脚」のための情報を紹介します。

脚痩せについて

自転車で脚痩せしちゃおう!普段乗っているママチャリでもOK!

投稿日:

自転車で脚痩せ

普段から自転車に乗っている人は多いですよね。

ママチャリは、子どもも乗せられて大活躍してくれます。

普段何気に乗っているママチャリですが、乗り方次第では脚痩せができるんですよ。

乗る機会が多い自転車ですから、せっかく乗るのなら脚痩せも同時に行っていきましょう。

自転車を漕ぐことで、脚痩せができる理由や乗り方を紹介していきますね。

自転車による脚痩せ効果とは?ママチャリでもOK?

スラリと伸びた細い脚に憧れているけれども「自分には縁のない足・・・」と諦めていませんか?

そんなあなたには、ぜひ自転車に乗ることをおすすめします。

自転車に乗ることで、スラリとした脚痩せ効果も期待できるんです。

自転車の脚痩せ効果を、ご紹介しますね。

脚が太くなってしまう原因には、いろいろあります。

あなたは、足が太くなる原因はなんだと思いますか?

おそらく思いつくのは「脚に脂肪が付いてしまったから」ではないでしょうか。

でも、脚が太くなるの原因は、脂肪だけではありません。

意外と多いのが「むくみ」です。

足の血行が悪くなると、余分な水分や老廃物が脚に溜まってしまいます。

その結果、足がむくんでしまいます。
足にむくみがでて、足が太くなっている人は意外と多いんです。

そして、筋肉太りも足が太くなる原因でもあります。

脚を細くしようと運動をした結果、脂肪が燃焼できず、筋肉だけが付いてしまっている状態です。

脚を細くするのは、やはり大変なのでしょうか。

私がおすすめする自転車運動は、足が太くなる原因を解消し、効率よく脚痩せを実現できます。

脚太の原因である、むくみの解消、脂肪の燃焼、バランスの良い筋肉量を叶えてくれるのが自転車なのです。

自転車をこぐときは、脚を効率よく動かすので血行が良くなります。
足のポンプ機能が改善され、むくみが解消されます。

ほどよい筋肉を着けることができるので、筋肉太りにもなりません。

ロードレースのような本格的な自転車でなくても大丈夫ですよ。
普段乗っているママチャリでも問題ありません。

だって、筋肉をつけることが目的ではなく脚痩せすることが目的ですよね。

さらに、自転車は有酸素運動です。
ですので、脂肪も燃焼することもできるのです。

自転車とウォーキングなら、どっちが脚痩せに効果的?

自転車に乗ることが「脚痩せ」に効果的ですが、同じ有酸素運動ならばウォーキングでも良さそうですよね。

自転車とウォーキングを1時間あたりの消費カロリーで比較すると、自転車の方がよりカロリーを消費する結果となりました。

しかし、自転車とウォーキングを、それぞれ4km行ったときの消費カロリーは、ウォーキングの方が高いことがわかりました。

同じ時間の運動でも、自転車の場合は距離を稼ぎます。

同じ距離だけ運動すると、ウォーキングの方が運動時間が長いので消費カロリーが高くなるのですね。

では、脚痩せの観点から見てはどうでしょうか。

自転車とウォーキングを「身体の動かし方」の観点から見てみましょう。

ウォーキングは適度に脚を使いますし、姿勢を崩さずに歩くので前身運動に近い運動になります。

自転車をこぐときは、足首、ふくらはぎ、太もも、股関節と、下半身のほとんどの部分を使うことが判ります。

ウォーキングよりも、自転車を漕ぐ方が脚全体の筋肉を使っているんです。

同じ30分の運動をするのならば、ウォーキングよりも、自転車を漕ぐ方がより脚痩せを実現できるということが判りますね。

自転車を乗るのが苦手であったり、道具をあまり使いたくないという人はウォーキングが良いかもしれません。

ですが、効率的には自転車の方が脚痩せに有利といえます。

自転車で運動すると、足が太くなると聞くけど?

自転車が脚痩せに効果的だと言われる反面、自転車は脚を太くするとも言われています。

自転車を漕ぐことが仕事の競輪選手などは、普通の人の倍くらいの太ももを持っていたりしますよね。

競輪選手の足は、競技用に鍛えられた足なので、強靭な筋肉を持っています。

逆に言うと、競輪選手なみの鍛え方をしたりしないと、筋肉を肥大化させることはできません。

競輪選手はおよそ1日8時間、距離で言うと200キロ以上を自転車で漕いでトレーニングを行っています。

でも、脚痩せを目指した自転車乗りならば、それほどの運動は行いませんよね。
ママチャリで、1日200キロも乗ることはできません。

でも、「普通の距離しか自転車に乗っていないのに脚が太くなった。」と言う人もいます。

自転車で足が太くなる原因があります。

まず、それほど長く自転車を漕いでいないのに「脚が太くなった」と言う人は、自転車の乗り方や漕ぎ方を見直してみてください。

本来かかるはずのない負荷が、脚に掛かってしまい、筋肉が肥大化している可能性が高いです。

また、ギアが重過ぎないかも確認して下さい。

脚痩せを実現する時は、軽めのギアで漕いでください。

坂では、むしろ自転車を降りて押し歩きするくらいの運動量で良いのです。

有酸素運動なので、少し息が上がるくらいの運動を目安にして下さいね。

自転車を使った脚痩せの方法。乗り方にポイントあり!

ただ単純に自転車を漕ぐだけで、脚痩せは実現できるのでしょうか。

特別な乗り方や、方法などはあるのでしょうか。

自転車で、脚痩せを実現するための特別な方法はありません。

ただいくつかのポイントを抑えることで、より効率的に脚痩せすることができますよ。

まず、ペダルとサドルの位置をチェックしましょう。

自転車に乗るときは、サドルの位置をやや高くしましょう。

爪先立ちするくらいが目安です。

こうすることで、状態が少し前かがみになるので、下半身と共に上半身の筋肉を使えます。

自転車を漕ぐときは、回転数を気にしましょう。

最近の自転車は、ギアチェンジできる物が多いですよね。
ママチャリであっても、ギアを付けている人は多いのではないでしょうか。

一番軽いギアで回転数を多くする方が脚痩せには良いですよ。

ギアを重くして負荷を上げると、呼吸が乱れて無酸素運動になることがあります。

有酸素運動で脂肪を燃焼するためにも、軽いギアで少し息が上がるくらいの運動を目安にして下さい。

自転車を漕ぐ時は足首やふくらはぎだけでペダルを漕ぐのではなく、脚全体を使うイメージを持って下さいね。

どのような運動でも共通しますが、1日で結果が出る訳ではありません。

継続することで、徐々に結果が現れます。

普段のママチャリでの買い物を、少し意識するだけで脚痩せにつながります。

ギアを軽くして回転数を上げるなど工夫して、ママチャリに乗りながら脚痩せしてくださいね。

-脚痩せについて

Copyright© びきゃく手帖 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.