びきゃく手帖

女性なら誰もが憧れる「美脚」。脚痩せするためには、どんな方法があるの?思いがけないことが、足太い原因にもなっています。「美脚」のための情報を紹介します。

脚痩せについて

がに股女子が急増中!あなたは大丈夫?原因を知れば治し方もわかる!

更新日:

がに股の治し方

女性は、内股歩きで、がに股歩きをするのは男性。

そんな風に思われていたころもありました。

でも、最近は女性の「がに股」も増えているのです。

「がに股女子」なんて呼ばれています。

スタイルがどれだけキレイでも、脚がスッと伸びていても、がに股歩きをしていては印象が台無しですよね。

どうして、がに股になってしまうのでしょうか。
女性「がに股」になる原因や治し方を紹介します。

あなたは、がに股女子じゃないですよね?
少しでも、気になる人は参考にしてくださいね。

女性にも急増中!がに股の原因とは?

がに股は「足の骨格が曲がっているからなる」と思っている人も多いかと思います。

ですが、それは違います。

がに股の原因は、日常生活の中に潜んでいます。

ある日急に「がに股」になるわけではないのです。

日常的な姿勢や歩き方が、じょじょにあなたの「がに股」を作っています。

がに股は、足回りの筋肉の影響と、骨盤の傾きに主な原因があります。

例えば、足の内側の筋肉が衰えている人は、がに股になりやすいと言われています。

つま先の浅いフラットシューズを好んで履く人は、日常的に靴が脱げないように歩いています。
そのために、歩き方が不自然になります。

結果、がに股になってしまうのです。

女性特有の理由。それは骨盤にあり!

がに股になる原因には、女性特有の理由もあります。

出産を経験した女性は、がに股になりやすい傾向があります。

妊娠から出産時には、骨盤の位置が変わります。

普通であれば、出産後に骨盤の位置はもとに戻ります。
しかし、骨盤の位置が元に戻らず、歪みが生じることもあります。

骨盤が歪むと、足に負担がかかります。

その結果、がに股なるのです。
がに股だけでなく、足が太くなる原因でもあります。

足太いのは骨盤の歪みが原因
太ももや足太いのは骨盤の歪みのせい?矯正して脚痩せしよう!

骨盤が歪むと、足太くなると言われています。 確かに、骨盤が歪んでいると足が太くなります。 それも、何パターンもの足が太く ...

続きを見る

出産を経験していない女性であっても、骨盤は歪みます。

普段の生活から、骨盤の歪みは生じます。

あなたは、イスに座るときに足を組んでいませんか?

普段の何気ない仕草が、実は骨盤の歪みの原因となっているのです。

女性で、がに股になる人が多いのは骨盤にも理由があったんです。

筋肉の緊張によって骨盤が歪んでしまっている人は、がに股になりやすい傾向にあります。

骨盤のねじれが足の骨に伝わり、ある時はがに股、ある時は内股、またはXO脚になったりします。

骨盤のゆがみも、日々の姿勢や歩き方によって生じます。

日常の何気ない姿勢などが原因で「がに股」になっています。

がに股の治し方。簡単ストッレチからスタート

日常の姿勢や歩き方が原因でがに股になってしまいます。

では、がに股になってしまった足の治し方をご紹介します。

原因が判っているのですから、対策を取ることができますよね。

がに股の治し方には、いくつか方法があります。

・衰えた筋肉を鍛える方法
・緊張してしまった筋肉をほぐす方法
・姿勢を正し、歩き方に気をつける方法

上記の方法は、骨盤周りの歪みを解消し、正しい歩き方を見につけることができます。

正しい歩き方を身に着けるためには、まず筋力を戻すことです。
そして、骨盤の歪みを解消する事が先決になります。

まずは、難しい運動などせず、ストレッチを行って筋肉をほぐしていきましょう。

骨盤を歪がめてしまう筋肉をほぐす場合は、大腿筋膜張筋を伸ばすストレッチや大腿四頭筋のストレッチ、腸腰筋のストレッチなどが有効です。

例えば、上体は真っ直ぐ立てたまま片膝を立てて立ちます。(王子様立ちですね)

寝ている方の足をお尻にくっつくくらい曲げます。

モモの筋肉が伸ばされているのが判りますよね。

同じ膝立ちの姿勢で、今度は状態を前にそらします。

後ろ足が伸び、前足を曲げて前に体重移動して下さい。

モモの付け根が伸びていることを感じます。

がに股にならないための歩き方を意識しよう!

ストレッチで骨盤の歪みが解消できたら、よりスムーズに正しい姿勢や正しい歩き方を身に着けることができます。

がに股の改善のためには、正しい姿勢と正しい歩き方を意識することが大切です。

正しい姿勢は、お腹にグッと力を入れ背筋をピンとはることが大切です。

特に猫背の人は、より意識してみて下さい。

お腹に力を入れて立つので、インナーマッスルも鍛えられます。

最初のころは、少し疲れるかもしれないですが、徐々に慣れていきましょう。

正しい歩き方は、まずアゴを引いて前を向いて歩きます。

足は真っ直ぐ出し、つま先をあげてかかとから着地することを意識して下さい。

膝をまっすぐにして歩くことが、がに股防止になります。

実は、フラットで楽な靴を履いているとがに股になりやすいと言われています。

がに股で、フラットな靴しか履いていない人は、3センチ~5センチくらいのヒールを履いて見てはいかがでしょうか。

がに股の改善なので、内股歩きになるように意識して歩いてみてください。

最初は、慣れないと思います。

足も痛くなるかもしれません。
ただ、徐々に慣れてくると思います。

慣れない靴で無理に内股に歩くのが恥かしい場合は、屋内で練習しながら慣れていきましょう。

がに股を治す方法に「スクワット」が有効!

がに股歩きを改善する「歩き方」を実践してみた方は、意外と疲れることにお気づきでしょう。

筋肉の衰えを実感しているのではないでしょうか。

少しずつでも、足の筋力を回復してあげることは大切ですよね。

がに股を改善する歩き方は、できる場所が限られています。

屋内でも、がに股を改善する方法があるんです。

部屋でもできるがに股の改善方法が「スクワット」になります。

毎日スクワットを20回ほど行うと、かなり足の筋力が鍛えられ、がに股を改善することができます。

スクワットの正しいやり方もご紹介しますね。

スクワットは、やり方を間違えてしまうと腰に負荷がかかりすぎてしまい痛めてしまいます。
腰を痛めないように、気をつけて下さいね。

まず、肩幅に足を開きます。
足のつま先は、若干外側に向けてください。

イスに座るイメージで、ゆっくり腰を下ろして下さい。

お尻は、後ろに突き出すイメージです。

膝が、つま先より前に出ないように気をつけて下さい。

太ももと床が平衡になるまで腰を落としたら、しばらく停止し、ゆっくりと立ち上がってください。

しゃがむときは、膝が内側に入ってしまわないように意識して下さいね。

また、しゃがむときに猫背になってしまう人も多いです。

スクワットをするときには、姿勢に気をつけて下さいね。

スクワットは、慣れないとすぐに疲れてしまいます。

いきなり多くの回数を始めるのではなく、徐々に回数を増やしてくださいね。

間違ったやり方をしてしまうと逆効果になることもあります。
詳しくは、下記の記事も読んでくださいね。

スクワットで脚痩せ
スクワットで脚痩せしよう。間違った方法だと足がパンパンに太くなるかも!

スクワットをして、足を細くしようとがんばろうとしているあなた。 でも、「スクワットしたら足がパンパンに太くなるよ。」とか ...

続きを見る

がに股を治すために、歩き方を意識し、スクワットをしてみましょう。

もう「がに股女子」なんて呼ばれないような美脚を手に入れてくださいね。

-脚痩せについて

Copyright© びきゃく手帖 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.