びきゃく手帖

女性なら誰もが憧れる「美脚」。脚痩せするためには、どんな方法があるの?思いがけないことが、足太い原因にもなっています。「美脚」のための情報を紹介します。

脚痩せについて

寝る前にマッサージをするだけで脚痩せにつながる!

更新日:

寝る前に脚痩せ

日常生活で、寝る前に行うものと言えば入浴ですよね。

その際、脚痩せ効果を見込むことができる入浴法はあるのでしょうか?

習慣づけて、脚痩せ効果を狙いたいものです。

入浴しつつのエクササイズは、筋肉がほぐれた状態なので効果も高く、水圧が適度な負荷になります。

お風呂での脚痩せ効果は、確実に見込むことができるんですよ。

まず、脚についたセルライトを落とす方法として、少し熱めの42度くらいの湯船につかります。
その後、冷水で脚を冷やします。

これを2回から3回繰り返すだけです。

いかにも簡単な方法ですが、脚についたセルライトを落とすには最適な効果があります。

とても時短で済むので、時間がない人でも余裕を持って行うことができますね。

ワークウーマンでも入浴時にこれすらできていれば、いつの間にかふくらはぎもすらっとしたシルエットになっていることでしょう。

もし湯船に浸かるのが難しければ、ふくらはぎに42度程度のシャワーをあて、それから冷水をかけると言う方法もありますから、一段と忙しい日はそうしても良いですね。

また、足首回しも効果のあるマッサージ法です。

お湯につかりながら、足の指が全て開くようにして握ります。
その状態で手を回し、足首をぐるぐると回しましょう。

左右各20回くらいで終了です。

これも簡単なマッサージですが、足首にはとても効果が期待できます。

入浴中のマッサージのときは、レギンスを履きながら行うと、より効果的です。

さらに寝る前にも、ストレッチを加えてふくらはぎをスリムにしましょう。

両足を揃えて仰向けに寝てから、つま先を上に向けたり伸ばしたりを繰り返します。

これは、10回程度でOKです。

両足の高さは床についていなければ、決まりはありません。
ですが、床に近ければ近いほど、お腹のたるみに即効性があるのは覚えておきましょう。

脚痩せだけなく同時に、下腹ぽっこりも解消できます。

下腹が気になってきた、と言う女性は、同時に床から脚を少しあげて、このつま先ストレッチを行うと良いでしょう。

両足をつけ、仰向けに寝てから、かかとを床につけたまま、つま先を上に向ける、伸ばすと言う簡単な方法もあります。

つま先の動きに意識をおくだけでふくらはぎを効率よくスリムにしてくれます。

ふくらはぎとすねの筋肉のストレッチになりますし、脚をあげることもありませんから、腰を痛めている人、ちょっと脚をあげるのはしんどい・・・と言う人にはおすすめのストレッチでしょう。

寝る前に行うととても気持ちが良いので、スムーズに眠りに入ることができます。

また、リンパの流れが滞っているとふくらはぎはむくんできますから、むくみはその日のうちに取りましょう。

足首を両手でつかみ、ふくらはぎ側に力を入れて、全体に圧力をかけつつ擦り上げます。

両手でこぶしを作ってから、足首から膝にかけ、すね側、ふくらはぎ側をゴリゴリします。

リンパの流れも良くなりますし、老廃物も流れていきます。

そうしてもう一度足首から膝まで両手で圧力をかけつつ、老廃物をまとめて持ち上げるイメージで、持ち上げ、最後は膝裏にあるリンパ腺に老廃物を流し込むよう押しましょう。

強めの力が程よいですね。

片足10回程度行うと、ふくらはぎも軽くなり、寝付きもよくなりますよ。

寝る前に、簡単な方法で脚痩せ効果がありますから、ぜひ取り入れてくださいね。

-脚痩せについて

Copyright© びきゃく手帖 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.