びきゃく手帖

女性なら誰もが憧れる「美脚」。脚痩せするためには、どんな方法があるの?思いがけないことが、足太い原因にもなっています。「美脚」のための情報を紹介します。

足のむくみについて

デスクワークでもエコノミー症候群の危険性!足のマッサージから始めて!

更新日:

デスクワークでもエコノミー症候群

エコノミー症候群というと、真っ先に思い浮かべるのが飛行機や新幹線ではないでしょうか?
しかし、実はデスクワーク中にもエコノミー症候群を発症する可能性があるのです。

エコノミー症候群とは?

簡単に説明すると、エコノミー症候群とは血栓症です。
長時間座ったまま同じ態勢でいることが原因で起こります。
長時間同じ態勢でいることで、ひざ下の血液が滞留してしまうことで血栓ができ、その血栓が血液により流され肺動脈や心臓に詰まってしまうのです。

肺動脈に血栓が詰まってしまうと、最終的には自発呼吸が困難になってしまいます。
初期症状としては、足の痛みやむくみ、太ももに赤みがでるなど片側の足に症状が出ることが多いようです。
この段階で受診すれば軽度で済むことが多いと言われています。
しかしその状態をそのままにしておくと、その後徐々に進行し息苦しさを感じるようになり失神や呼吸停止、命を落とすこともある恐ろしい病気です。

デスクワーク中にできる予防法

一番の予防法としては、簡単なストレッチと十分な水分補給が重要になってきます。

例えば、座ったままでも足をのばしたり足首の曲げ伸ばしをするなど、簡単なストレッチで良いのです。

また、ふくらはぎをマッサージするのも良いでしょう。
ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほどで、血液を全身に届けるポンプの役割をしています。
心臓が新しい血液を送り出すのに対して、足は古くなった血液を心臓に送り戻す役割があるので、ふくらはぎマッサージはとても有効なのです。

一時間に一回立ち上がる、作業の最中も足を動かすなどちょっとしたことでも十分予防になり、リスクを下げることができます。

また、
デスクワークで長時間同じ態勢でいると、どうしても不足しがちなのが、水分です。
水分が不足してしまうと、血液の粘度が高くなり血栓が出来やすい状態になってしまうのです。
ほんの一口ずつでも、マメに水分補給することがエコノミー症候群の予防につながります。

エコノミー症候群を発症しやすい人の共通点

糖尿病
喫煙者
肥満体型
過度の飲酒をする方
水分をあまりとらない

以上がデスクワーク中に発症してしまった方に多く見られる共通点です。
煙草を吸うと、血管が収縮することから血栓が出来やすくなると言われています。
また、仕事中コーヒーを何杯も飲んでいることで、自分は水分を摂っていると思い込んでしまうことも危険です。

そして、年齢や性別は関係ありません!20代でも発症してしまった例はいくつもあります。

水やスポーツドリンクなどでこまめに水分補給を行うことで、エコノミー症候群の発症を予防することができます。

一度、血栓ができてしまうと血栓ができた部分の血管は細くなってしまい、再び血栓が出来やすい状態になってしまいます。
発症を予防するには毎日のデスクワークの中で、ストレッチや水分補給を心掛けることがとても重要です。
その他にも肥満や高脂血症を防ぐ和食を中心にするなど、食生活に少し気を使うだけ、エコノミー症候群発症のリスクを下げることができます。

-足のむくみについて

Copyright© びきゃく手帖 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.