びきゃく手帖

女性なら誰もが憧れる「美脚」。脚痩せするためには、どんな方法があるの?思いがけないことが、足太い原因にもなっています。「美脚」のための情報を紹介します。

足のむくみについて

デスクワークの腰痛や足のむくみがツライ!原因は椅子の高さにあり!

更新日:

足のむくみとイスの高さ

デスクワークをしている方の多くが悩まされているのが、腰痛や肩こり足のむくみです。

一日中、事務仕事などで座りっぱなしの状態が続くと、背中も腰もバキバキになってしまいますよね。

私自身も長年事務仕事についていたので、その辛さがとてもよくわかるのです。

そんな状態のまま、お仕事を続けていると血行が悪くなったり姿勢が悪くなることから「寿命が短くなる」なんて言う話も耳にします。

しかし、正しい椅子の座り方で正しい姿勢を保つことでその悩みの多くが解消されます。

そのために最も重要になってくるのが「椅子の高さ」です。

それでは、デスクワークの際の最適な椅子の高さとはいったいどのくらいの高さなのでしょうか。

テーブルに合わせた椅子の高さ

多くの場合、オフィスにテーブルとデスクチェアが用意されていていることがほとんどなのではないでしょうか。

この場合、デスクチェアを調節してデスクワークに適した椅子の高さにすることになります。

それでは、デスクチェアの理想的な座面の高さとはどのくらいなのでしょうか。

椅子の理想的な高さを調べる方法

① テーブルの高さと座面高の差を計算する
座高÷3-2.5

② 床からテーブルの天板までの高さから、①ででた高さをひいた数値が理想的な椅子の高さ(座面高)となります。

上記の計算は人間工学に基づいたものなので、デスクチェアを選ぶ際、または椅子の高さを調節する際、とても参考になります。

また、椅子の高さを調節したことで、床から足が浮いてしまうという時にはフットレストなどを使うことで、正しい姿勢を保ち体への負担を軽減することができます。

足が床から浮いてしまう高さだと、太ももや腰に負担がかかってしまい血行不良によりむくみや腰痛の原因にもなってしまいます。

次に、デスクワーク時の正しい姿勢・椅子の座り方についてお話ししたいと思います。

デスクワークの方は、デスクにパソコンというスタイルが多いかと思います。
パソコンを使うお仕事の際、気をつけたいのがディスプレイからの距離と姿勢になります。

まず、ディスプレイから目までの距離は40cm、ディスプレイの上端が目の位置に来る配置が理想になります。

そして、椅子に座る際の正しい姿勢が最も重要になってきます。

ディスプレイと長時間向き合うデスクワークでは、ついつい前傾姿勢になってしまいがち。

猫背になってしまうと、頭の重さで肩や首に大きな負荷がかかってしまい、肩こりや腰痛などの原因となってしまいます。

そこで気をつけたいのが、正しい姿勢で椅子に腰かけること。

以下のことを注意することで、正しい姿勢を保つことができます。

・座面に深く腰掛け、背筋をまっすぐに
・視線が下向きにならないように意識する
・足が床にしっかりとつくようにする

椅子に腰かける際、深く、骨盤が椅子に対して垂直になるように意識することが大切です。

体に負担のかかる状態でデスクワークを続けていると、肩こりやむくみの原因になるだけではなく、集中力の低下や疲労などにもつながります。

デスクに合わせて椅子の高さを調整、正しい姿勢と座り方をマスターすることで作業効率も上がり、辛い腰痛やむくみからの悩みの解消されます。

-足のむくみについて

Copyright© びきゃく手帖 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.