びきゃく手帖

女性なら誰もが憧れる「美脚」。脚痩せするためには、どんな方法があるの?思いがけないことが、足太い原因にもなっています。「美脚」のための情報を紹介します。

着圧ソックスについて

妊娠中の足むくみに着圧ソックスを履いてもいいの?

更新日:

妊娠中に着圧ソックス

時や場所の制限なく、気軽に脚のむくみやダルさを解消してくれる着圧ソックス。
こんな便利な着圧ソックスを、妊娠中も使えるでしょうか。
脚に圧力をかけると言う事で、妊婦の身体に悪かったりするでしょうか。
身体に害がないのならば、便利な着圧ソックスを是非利用したいですよね。

妊娠中は脚のむくみに悩みませんか?
それまで脚のむくみなど経験した事のない人でも、妊娠4~5ヶ月くらいから脚がむくみやすくなります。
これには理由があって、妊娠によって子宮が大きくなるとお腹周りに流れる静脈を圧迫します。
静脈が圧迫されると、下半身から心臓への血液の流れが阻害されます。
脚に血液や水分が溜まりむくみやすくなってしまいます。

また、妊娠中はエストロゲンなどのホルモン分泌が増えます。
この様なホルモンは、水分やナトリウムを身体に吸収させやすくします。
これもまた、水分溜まってむくんでしまう原因になります。

妊娠中はやはり脚がむくみやすくなる事が判りました。
では、妊婦さんでも着圧ソックスを利用したむくみ対策を行っても大丈夫なのでしょうか。
結論を言うと、着圧ソックスでむくみやダルさを軽減させる事が出来ます。
むしろ、むくみが慢性化してしまう前にこまめにむくみを解消してあげたいですね。

むくみを解消する方法は、着圧ソックスを履く以外にも色々と方法があります。
マッサージなんかも有効です。
でも、妊婦さんは徐々にお腹が大きくなるにつれ、脚のマッサージなんかも自分で出来なくなります。
そんな場合に、着圧ソックスを利用する事は有効なんですね。

では、妊婦さんが使う着圧ソックスに制限はあるのでしょうか?
どんなモノを使っても良いのでしょうか。

基本的に、自分の脚に合ったサイズの物であれば大丈夫です。
最近では、妊婦さん向けに開発された着圧ソックスや、遠赤外線素材を使って冷え性対策もしてある着圧ソックスなんかも販売されています。

履きっぱなしよりも、メリハリをつけて履いた方が良いですよ。
脚に圧力をかける時間かけない時間を作ってあげる事がむくみの解消には効果的です。
蒸れたり痒みが出たりかぶれたりした時は、無理して履かない様にしましょう。

市販の着圧ソックス以外にも、医療用弾性ソックスを使用する方法もあります。
特に産婦人科の先生からむくみを指摘された場合は、医療用弾性ソックス(ストッキング)の処方をおすすめします。
かかりつけのお医者様に相談してみて下さいね。

-着圧ソックスについて
-, ,

Copyright© びきゃく手帖 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.