びきゃく手帖

女性なら誰もが憧れる「美脚」。脚痩せするためには、どんな方法があるの?思いがけないことが、足太い原因にもなっています。「美脚」のための情報を紹介します。

着圧ソックスについて

医療用の着圧ソックスだと脚痩せの効果も高い?市販との違いを検証!

更新日:

医療用着圧ソックス

最近では着圧ソックスを履くことが、当たり前になっていますよね。

着圧ソックスを利用したことがある人の中で噂になっていることがあります。

「医療用着圧ソックスというものがあるらしい。」

着圧ソックスには「医療用」があるというのです。
それも、普通の着圧ソックスよりも効果が高いという噂です。

医療用着圧ソックスの方が、脚痩せ効果が高いとしたら「医療用を履きたい!」と思う人もいますよね。

医療用着圧ソックスは、いったいどんなものなのか?
本当に普通の着圧ソックスよりも効果が高いのか?

医療用の着圧ソックスについて調べてみました。

医療用着圧ソックスとは、どんなもの?

医療目的で提供される着圧ソックスを「医療用着圧ソックス」と言います。

専門の医療機関によって慣習・製造が行われた、足の健康に着目した着圧ソックスです。

医療用着圧ソックスは「弾性ストッキング」とも呼ばれ、比較的、加圧力が強く作られています。

足首部分がもっとも圧力が強く作られており、上に向かって圧力が低くなるように編みこまれています。

医療用ソックスは、四肢のリンパ液や血液のうっ滞を軽減・予防する目的や、静脈還流の促進を目的とした医療機器です。

出産経験のある女性は、静脈瘤になるおそれがあると言われています。
医療用着圧ソックスは、その静脈瘤の予防や治療に使われます。

医療用着圧ソックスは、医療機器なので、とても品質が高いことが特徴です。

効果が高いことはもちろん、選択などに夜品質の劣化があまりないと言われています。

ただその分、値段が高いことも特徴です。

ドラッグストアなどで購入できる普通の着圧ソックスと比べると、値段は高くなります。

医療用ソックスは、効果を高めるために加圧力が高く作られています。

ですので、一般的に「履きにくい」と言われています。

正しい履き方をマスターしないと、着圧ソックスの効果を発揮できない可能性もあります。
使用前には、キチンと説明を聞き、正しい履き方をしましょう。

医師の指導のもとで履くことを基本としているので、長時間の使用などは推奨されていません。
きちんと正しい使用方法で履くようにしないといけません。

市販品の普通の着圧ソックスとは、どんなもの?

着圧ソックスは、市販品も多く販売されています。

値段もお手ごろで、千円くらいから購入が可能です。

ドラッグストアやディスカウントショップ、100円ショップなどで購入することができますよね。
気軽に市販の着圧ソックスを試すことができます。

さらにネット通販でも、色々な種類が販売されていますので手に取りやすい製品です。

市販の着圧ソックスの場合、医療用と比べると足にかかる加圧力はそれほど強くありません。

そのため、すんなり簡単に履くことができます。

市販の着圧ソックスは、いろいろな用途で履かれています。

足の疲れを取る目的の着圧ソックスもあれば、むくみを解消することが目的の着圧ソックスもあります。

長時間の立ち仕事や座り仕事などで、足が疲れやすい人、むくみやすい人向けに作られています。

「足を細くしたい!」という目的で履く人も多いですよね。
むくみを軽減することで、足が細くなるため「脚痩せ効果」も期待できます。

最近では、骨盤矯正をサポートしてくれる着圧ソックスも販売されています。

骨盤を矯正することで、太りにくく痩せやすい足にしてくれます。

また、エコノミー症候群を回避するために長時間フライとの際に着圧ソックスを履く人は多くいます。

飛行機や夜行バスのときに着圧ソックスを履くことは、足のむくみを軽減させることができます。
詳しくは下記の記事を読んでくださいね。

市販の着圧ソックスの場合、カラーバリエーションも豊富なので、ファッションに合わせて活用できる強みがあります。

外出の場合でも、ファッションに合わせて靴下やストッキングのような間隔で着圧ソックスを履くこともできます。

医療用と違い、市販の着圧ソックスはなんらかの症状を治療するのではなく、疲れ予防やむくみ解消のために履くソックスになります。

医療用と普通の着圧ソックスのメリットとデメリット!!

医療用着圧ソックスと市販の着圧ソックスの違い、メリットデメリットはどういったものになるのでしょうか。

まず最初に、お値段です。

医療用着圧ソックスは、お値段が高いです。

市販の着圧ソックスが100円ショップなどでも手に入ります。

しかし、医療用着圧ソックスは「医療機器」に分類されるため安くても3000円以上、お高い物だと1万円以上する製品も少なくありません。

ですが、お値段が高い分、医療用着圧ソックスの効果はとても高いです。

静脈瘤の予防・利用、リンパ液のうっ滞軽減などの治療を目的としているので、医療用着圧ソックスの効果はとても高くなります。

市販の着圧ソックスも効果が低いわけではありませんが、治療目的に使用するべきではありませんよね。

また、医療用着圧ソックスは、洗濯に強いメリットがあります。

しっかり編んであるので、毎日洗濯しても半年くらい持つ製品も多くあります。

その点、市販の着圧ソックスだと洗濯のたびに着圧がダウンすることが多いでしょう。

良いことだらけのように見えますが、デメリットもあります。

医療用着圧ソックスは、圧が高いので履き方にコツがいります。
慣れるまでは、履くだけでも大変でしょう。

正しく履けないと効果が出せないので、早く慣れる必要があります。

逆に市販の着圧ソックスは、適度な圧力なので簡単に脱着することができます。

医療用と普通用、どっちの着圧ソックスがいい?選び方とは?

医療用と市販品で、メリットデメリットが判りました。

でも、どちらを選んだら良いか迷いますね。

お値段が高くても効果の高い医療用を選ぶべきか、お値段も安く手に入りやすい市販品を選ぶべきか。

適切な選び方は、用途と症状を見て選んでください。

例えば、日々の仕事の疲れやむくみを解消したいと言う場合は、高い医療用を選ぶよりも市販の着圧ソックスを選んだ方が良いでしょう。

他にも、脚痩せダイエットを行いたい場合なども、市販の着圧ソックスを選ぶと良いですよ。

脚痩せダイエットの場合は、「着圧の高い医療用を使った方が効果が高い」と言う訳でもありません。

「加圧力が高いほど、効果も高い!」と勘違いしている人も多いです。

ですが、そうではありません。
強すぎる加圧は、逆に足に負担がかかってしまいます。

ですので、無理に医療用を使う必要はありません。

医療用着圧ソックスは、着圧も高いので気軽に試して良い製品でもありません。

使用には医師の判断も必要になりますし、履き方もしっかり学ばなければなりません。

出産後の静脈瘤が心配な人や、重度のむくみで悩んでいる人などは、一度医師の診断をあおいで、医療用着圧ソックスを選択してください。

着圧ソックスは、値段が高い加圧力の強いソックスを選べば「良い製品」というわけではありません。

選び方に気をつけ、自分の用途と症状に合った着圧ソックスをキチンと選んで使用して下さいね。

-着圧ソックスについて

Copyright© びきゃく手帖 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.