びきゃく手帖

女性なら誰もが憧れる「美脚」。脚痩せするためには、どんな方法があるの?思いがけないことが、足太い原因にもなっています。「美脚」のための情報を紹介します。

キレイな足について

立ちっぱなしで足が痛い!靴選びやマッサージで対策を!

更新日:

立ちっぱなしで足が痛い

立ちっぱなし仕事をしていると、足が痛くなってしまいますよね。

足が痛くなるのは、当たり前のことだと諦めていたりしませんか。

立ちっぱなしで足の痛くなる原因が、わかれば対処方法も判ります。

どうしようもないことなのか、まずは対策をしてみましょう。

立ちっぱなしで、足が痛くなる原因と対策を紹介します。

なぜ、立ちっぱなしだと足が痛くなるの?

立ちっぱなしで足が痛い原因の一つが、うっ血だと言われています。

うっ血とは、血流が停滞している状態のことを指します。

立ちっぱなしで足を動かさないことによって、足元がうっ血してしまいます。
足が疲れたり、痛んだりするということです。

また、立ちっぱなしで、足が痛い原因には足底筋膜炎が関係しているかもしれません。

足底筋膜炎とは、足の裏に強い痛みを感じる炎症です。

足は、体重による衝撃を全て受け止めます。

運動不足で、足首が固くなってしまっている人や偏平足の人は、特に注意してください。
立っているときや、歩いているときの圧や、衝撃を上手く吸収することができません。

これによって、少しずつ疲労が溜まり足を痛めてしまうのですね。

適度な運動を行っているし、偏平足でもないのに「立ち仕事の後に、足が痛む」とおう人の場合は、履いている靴が足に合っていない可能性があります。

また、骨盤に歪みが生じてバランスが崩れているために、足に負荷がかかっていることも考えられます。

足元はあまり気を使わない部分かもしれません。
ですが、痛むと歩くことが困難になる大事な部位です。

足の痛くならない立ちっぱなし対策。

立ちっぱなしでも足が痛くならない対策はないでしょうか。

まず靴が足になっていない場合は、靴選びから始めましょう。

足は、午後にむくみが出て大きくなる傾向があります。

サイズをきちんとチェックして、靴を選びましょう。

靴のサイズが合っているけど、足が痛む場合は、インソールを敷いて足への負担を軽減すると良いですよ。

クッション性のある物だけでなく、土踏まずを補助するインソールなどもあります。
インソールには、さまざまな種類があるので試してみましょう。

さらに、姿勢が悪い状態で立ち続けると足を痛めてしまいます。

丹田というおへその下あたりにある部分に重心がかかるようなイメージで立ってみましょう。

身体の他の部分は、力を抜いてリラックスします。

一日の終わりに足元をケアしてあげることも、足の痛み対策として有効です。

足湯は血行をよくし、足底筋膜炎のような炎症の治療に有効です。

痛みをやわらげたいときは、痛み止めの湿布を貼る事も有効です。

足裏を、揉み解すのも効果的です。

かかとに痛みがある場合は、かかとを揉み解すのではなく、土踏まずを中心に揉み解してください。

ただ、慢性的に痛みが引かない場合は、鍼灸院や病院に行って診て貰ってくださいね。

治療が必要な症状である場合があります。

立ちっぱなしでもできるストレッチ!

立ちっぱなしで足に痛みが出る前に、ストレッチでケアしてあげましょう。
難しいストレッチはありません。

立ち仕事の時も、休憩時間などにストレッチする事で大分足が楽になりますよ。

まずは、ふくらはぎのストレッチです。

多くの人が一度は見たことのあるストレッチです。

片足を大きく後ろに引いて、前足の膝をゆっくり曲げてストレッチします。

ふくらはぎが伸びていることを感じながら、5回から10回くらい伸ばします。

これを、左右5回行うと良いですよ。

次は、足の裏のストレッチです。

立ち仕事の場合、太ももの裏から腰にかけての負担が意外と大きかったりします。

足裏のストレッチは太ももの裏やひざの裏の筋肉をほぐす効果を持っています。

また、骨盤の歪みを調整する効果もありますよ。

方法は、簡単です。

足を一歩前にだし、つま先を上げます。

膝が曲がらないように気をつけて下さいね。

お尻を突き出し背筋を伸ばし、上半身を前に倒します。

太ももの裏が伸びている事を感じながら、5秒から10秒くらいキープします。
これを左右5回ほど繰り返して下さい。

他にも、ひざの屈伸運動なども足の疲労回復に効果的ですよ。
疲労が蓄積しないように、少しずつ足の負担を軽減してあげることが、痛み対策に繋がります。

-キレイな足について

Copyright© びきゃく手帖 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.