びきゃく手帖

女性なら誰もが憧れる「美脚」。脚痩せするためには、どんな方法があるの?思いがけないことが、足太い原因にもなっています。「美脚」のための情報を紹介します。

脚痩せについて

足太いのは、ヒールが原因って本当?正しい歩き方をしないとダメ!

更新日:

足が太いのはヒールが原因

女性が好んで履く靴の1つに、ヒールがあります。

高いヒールを履くと、すらっとした足に見えますし、全身もかっこよく見えますよね。

しかし、ヒールの高い靴、実は足太い原因になっていると知っていましたか?

ヒールを履くことで、すらっとした印象とは逆に、足が太くなるというんです。

ヒールが足を太くしている原因について迫ってみました。

ヒールを履いたら足が太くなる?理由に迫ります!

ヒールを履いて足が太くなるのは、ちゃんと理由があります。

ヒールは、かかと部分が高いですよね。
高さは、さまざまありますが、高いもので10cmを超えているものもあります。

7cmのヒールが、女性の足を一番美しくみえる高さとも言われています。

細い形のヒールから、太いヒールなど、形状もさまざまあります。

ヒールを履くと、どうしても足に負担がかかります。

筋肉疲労をさせないため、足に脂肪が溜まり、足全体に贅肉ついて、足太くなっていきます。

ハイヒールは、基本的にはつま先立ちの状態になります。
毎日こんな歩き方をすれば、かかととつま先の2点歩行になります。

下半身に、負担がかかるのは納得できますよね。

足に負担がかかった状態でバランスを保つのですから、足首、すねなどに余分な力が入り、足太い状態になるのです。

また、膝が曲がった状態で歩くと、足太い原因にもなります。

ヒールを履いていても、正しい歩き方をしていれば問題はありません。

ですが、かかとを擦るような歩き方をすると、太ももは太くなります。

太ももの前側の筋肉を多く使い、ふくらはぎの筋肉をあまり使わなくなるからです。

ふくらはぎの筋肉は、血液循環をよくするポンプの役割を持っています。

ですから、ふくらはぎの筋肉がヒールによって衰えてくるとむくみ、冷え性や老廃物が溜まりやすい体になってしまいます。

むくみや老廃物が溜まるということは、足太いと言うことに結果的に繋がります。

足を太くしないためにも、ヒールを正しく履いていきましょう。

足を太くしないヒールの履き方とは?

足を太くしないヒール靴での「正しい歩き方」は、どんな歩き方なのでしょうか?

それは膝を伸ばし、重心を内側にして正しい状態で歩くことです。

ヒップの大殿筋、ふくらはぎのひらめ筋への刺激で、ダイエット効果も期待できます。

O脚の改善や美脚作りにも貢献してくれます。
さらに、ヒップ、太もも、ふくらはぎまでの筋肉を内側から引き締めるように鍛えることができるんですよ。

ヒールで正しい歩き方をマスターすれば、良いことづくめですよね。

では、逆に「ぺたんこの靴」は、どうなのでしょうか?

フォーマルな場面ではヒールが求められるでしょうし、気分によってヒールを履きたいこともあります。

ヒールが、絶対的に悪いことはありません。

フラットシューズ、いわゆるぺたんこ靴は、モデルさんなども舞台に立っている以外はぺたんこ靴を履いている人も多いです。

しかし、ぺたんこの靴はかかとのある靴と違い、ソール部分が薄くできています。

このことから足裏へ衝撃も伝わりやすくなり、土踏まずやかかと、ふくらはぎや足裏を傷める可能性があるんです。

歩く場合でも、足の親指が必要以上に踏ん張ることも多く、膝や腰、背中に負担がかかることも。

歩き方もハイヒールと比較すると筋力は使いませんから、靴を引きずるように、ずるずるやべたべたした歩き方になってしまいます。

このような足の筋力を使用しない歩い方をずっと続けていると、メリハリのない足のラインになるでしょう。

ぺたんこ靴でも、足を太くするとも言われています。

だからと言って、ヒールが足を細くするわけでもありません。

ヒールばかり履いているから足太いと言うわけではなく、ぺたんこ靴ばかりでもないようです。

履いている時間の長さ、今日どこで何をしてくるかによって、ヒールやペタンこ靴を使い分けることが大切でしょう。
また、靴を履いての歩き方でも、足を太くするかどうかが決まってきます。

-脚痩せについて

Copyright© びきゃく手帖 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.