びきゃく手帖

女性なら誰もが憧れる「美脚」。脚痩せするためには、どんな方法があるの?思いがけないことが、足太い原因にもなっています。「美脚」のための情報を紹介します。

脚痩せについて

足が太い原因は病気の可能性も!サインを見逃さないで!

更新日:

足太いのは病気かも

足が太い場合、太っているだけが原因ではなく、病気の可能性もあります。

例えば、下肢静脈瘤です。
太ももの辺りが、ボコボコと太くなっている場合は、下肢静脈瘤を疑ってみてください。

その他にも、むくみが原因の場合もあります。

足が太いことで、病気のサインがでている場合もありますので見過ごさないようにしましょう。

ボコボコと太くなっているのなら下肢静脈瘤の可能性も

足太いことに関して、問題があることの1つに、病気が関係している場合もあります。

外傷によるものやウイルスによるもの、そして病気によるものがあります。

足の変形、むくみは多くの不調を招きますから、痛みがなくても改善する必要があります。

足太い場合の感染や病気、不調に関しては、炎症を起こしていることや、変形性関節炎、関節リウマチや痛風があります。

また、むくみによる足太いという状態もありますね。

塩分や水分の摂りすぎや、筋力の低下、リンパのめぐりの悪さや疲労やストレスなどが原因でむくみが発生します。

むくみや足がだるいという症状が出ている場合、下肢静脈瘤という病気の可能性もあります。

下肢静脈瘤の特徴は、ふくらはぎがボコボコと太くなっています。

下肢静脈瘤で誤解されていることは、症状を放置していると、血液に血栓ができ、脳梗塞、心筋梗塞を起こす、命に危険を及ぼす可能性があると思われている点です。

血栓が肺に飛ぶと肺血栓になり、脳に飛ぶと脳梗塞、心臓へ飛ぶと心筋梗塞になりますよね。

でも、下肢静脈瘤で脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす可能性はありません。

ただし、下肢静脈瘤を放置しているとうっ滞性皮膚炎や、潰瘍になることもあります。

症状が悪化する前に、下肢静脈瘤の治療を開始しましょう。

足を太くしないためにも予防が大事!

食事から1時間から2時間後に15分から30分間、少しの運動をすることにより、血管の健康を保ち、病気を予防することができると言われています。

そんな足の症状をしっかり観察し、医師に詳しく伝えるためにも、メモなどに書きとめ分かりやすく伝えることにより、確実な治療で早急に不安を取り除くことができます。

さらに病院での治療と共に、毎日の生活習慣も見直す必要があります。

傷みやしびれ、腫れを直し、悩みを解消するためには、原因を取り除くための生活や予防するする生活を行う必要があります。

1週間に3回程度、30分の運動をすること。
正しい姿勢や歩き方や座り方を続けること。
バランスの良い規則正しい食事をすることやストレスの原因を取り除き、ストレス解消を行うことも必要です。

また、足太いという問題で、病気の可能性が秘められている場合、外反母趾や浮指、偏平足にあります。

特に浮指は、ふくらはぎを発達させてしまいます。

足痩せより程遠くなってしまいますね。

余分な筋肉や脂肪がついた、大根足と呼ばれるものは、すねやふくらはぎが太い特徴があります。

筋肉が硬くなっているケースが多く、少し歩いただけでも疲れやすくなります。

うっ血状態になり、血流も悪くなり、むくみも冷え性も起こしやすいのです。

むくみや冷え性が起こると、より一層むくみやすくなり、下半身に水分や老廃物が溜まってしまうので、早めのケアが必要になります。

さらに、リンパ浮腫というリンパ管の圧迫、狭窄などが原因で起こります。

浮腫が見られたら、すぐに病院へかかったほうが良いでしょう。

リンパ管に老廃物がたまらないようケアを続けることは、足痩せ、腕やせに大きく影響します。

詰まりがあるとさらにむくみやすくなるので、毎日のケア、定期的なプロのマッサージが必要です。

足太くなると簡単に言いますが、むくみがほとんど原因のことが多いです。

むくみで足が太くなる原因については、下記の記事を読んでくださいね。

足のむくみが脂肪に変わる
むくみが脂肪に変わるって本当?足が太いのはむくみのせい?!

夕方になると、足がパンパンにむくんでいるときがありますよね。 いつも履いている靴がキツくて履けなかったりします。 足だけ ...

続きを見る

病気のサインでもありますから、下半身静脈瘤を疑ったり、リンパ浮腫を疑いましょう。
もし、そんな痛みのサインがあるのであれば、病院でしっかり見てもらう必要があります。

-脚痩せについて
-, ,

Copyright© びきゃく手帖 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.