びきゃく手帖

女性なら誰もが憧れる「美脚」。脚痩せするためには、どんな方法があるの?思いがけないことが、足太い原因にもなっています。「美脚」のための情報を紹介します。

脚痩せについて

運動すると足が太くなるの?真相を徹底究明!

更新日:

運動で足が太くなる

足を細くしたくて、運動やトレーニングを始める人も多いでしょう。

でも、足を細くしたくて運動をしたら「足に筋肉がついて、逆に太くなっちゃった!」なんて話を聞いたことがありませんか?

足が太くなるのなら、運動はしないほうがいいのでしょうか?
それとも足が太くなることのない「運動」はあるのでしょうか?

運動をして、足が太くなることはあります。

ですが、脚痩せのために「運動」が不必要ということではありません。

運動をして、足が太くなる原因について知っておきましょう。

運動しているからって食べていない?摂取カロリーが多いと足も太ります!

「運動をして足を細くしよう!」
とがんばってウォーキングなどをしても、食べる量が増えては意味がありません。

運動したからお腹がすいて、いつも以上に食べていませんか?
食べる内容も、スナック菓子や、油もの、甘い物ではありませんか?

当然ですが、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ると太っていきます。

運動しているからといって、安心して食べたりしないように注意してください。

また運動している時間も問題になってきます。

あなたが運動している時間はいつですか?
ひょっとして、夜ではありませんか?

仕事が終わってから、運動をするとなると時間も遅くなりますよね。

夜しか運動する時間が取れない人も多いでしょう。

しかし、運動を夜に行うと、夕食から寝るまでの時間が短くなります。

夕食でとったカロリーを、普段よりも消費できないまま寝ることになります。

もちろん、就寝中であってもカロリーが消費します。
ですが、起きているときに比べると、それほど消費されるわけではありません。

もう一度、食事内容を見直してみましょう。

運動で足が太くなった?それって一時的なパンプアップ現象かも!

「運動すると足が太くなる」とされるのは、運動後に起こる一種の「パンプアップ現象」と呼ばれるものが原因の場合があります。

足を細くしたくて、有酸素運動や筋トレをすると、足の筋肉に負荷を与え続けます。
すると、筋肉が膨らみます。

太ももやふくらはぎが「太くなった」と感じるほど、太くなる場合もあります。

運動によって、筋肉が膨らんだ状況を「パンプアップ現象」と言います。

ボディビルダーの場合だと、わざとバンプアップ現象を起こすこともあるんですよ。
筋肉を大きく見せるために、バンプアップ現象をうまく利用しているんですね。

「じゃあ、やっぱり足が太くなるんだったら運動しないほうがいいの?」と思いますよね。

運動や筋トレでふくらはぎや太ももなど、逆に足が太くなってしまったら、どうしたら良いのでしょうか?

安心してください。
パンプアップは、一時的な現象です。

ですので、筋肉そのものが大きくなったわけではないんです。

パンプアップ現象は、数時間ほどで元の状態に戻ります。
長くても、2~3日のうちに解消されるはずです。

一時的でも足が太くなることが嫌な人は、運動をした後に、しっかりマッサージやストレッチでケアをしましょう。

マッサージなどでケアすることで、パンプアップ現象をある程度は解消できます。

ジョギング、ランニングなどの運動で筋肉がついたから「足が太くなった」と言うのは誤解なんです。

足が太い原因は「足についた脂肪」です。

ふくらはぎの筋肉がパンプアップしただけなので、元に戻らないことはありません。
パンプアップで、筋肉が太くなっているのは、筋繊維が発達し、太くなったからではありません。

あくまでも、一時的に筋肉内の水分が多くなることが原因とされています。
数日放っておけば、自然に解消するんですよ。

「運動をしたら、足がパンパンに太くなった・・・」と思っているのなら、それはパンプアップ現象です。

少なくともウォーキングなどのトレーニングでは、足の筋肉が大きくなりすぎることはありません。

特に、運動不足の人、運動をしていなかった人は「パンプアップ現象」が起こりやすいです。
少しの運動でも、「足が太くなった。」と感じるかもしれません。

運動不足だと、血液やリンパ液のめぐりも悪くなっています。
ですから、パンプアップ現象が元に戻るのも遅いとも言われます。

だからこそ「運動で足が太くなった。」と判断してしまうのです。

あくまで一時的なものですから、そこで「足が太くなった!」と思い運動をやめては、いつまでも足は太いままです。

パンプアップ現象に惑わされず、運動や筋トレを継続的に行うことが「脚痩せ」への第一歩です。

運動で足に筋肉がついたら、足は太くなっちゃうの?

パンプアップ現象で、一時的に「足が太くなった」としても、数日で元の足の太さに戻ります。

しかし、運動を続ければ足に筋肉がついていきます。

筋肉がついた分、足は太くなってしまうのでしょうか?

となると、やはり運動はしないほうがいいのでしょうか?

足にガチガチの筋肉がつけるには、それなりの筋トレを行わないといけません。
ジムに行って、足に負荷をかけるトレーニングを行えば、ふくらはぎや太ももに筋肉がつきます。

しかし、ウォーキングなどの軽い運動では、足が太くなるほどまで筋肉はつきません。

ただし、変な姿勢でウォーキングをしていると、変な場所に筋肉が付く場合もあります。

足のふくらはぎや太ももには、脂肪がついています。
運動や筋トレを行うと、始めは脂肪の上に筋肉がついていきます。

筋肉がついた分、足が太くなってしまうんです。

確かに、運動を行うと筋肉がつくだけ足が太くなるんですね。

でも、ここで運動をやめてはいけません。

運動を継続することで、脂肪は燃焼されていきます。
代謝も上がるので、より脂肪燃焼を促してくれます。

長く足の運動を行うことで、だんだんと脂肪が減り足が細くなっていきます。

運動で足が太くなるのは「むくみ」の場合あり!

ウォーキングなどで「足が太くなる」場合、原因は「むくみ」かもしれません。

特に運動不足の人、ウォーキングを始めたばかりの人は「むくみ」を起こしやすいです。

足の筋肉量が少ないため、血行不良を起こしやすくなります。
筋肉が、自分のパワー以上にがんばった結果、血行不良を起こしてしまうんです。

血行不良になると、足のむくみの原因になります。

ウォーキングなどで「むくみ」が起きた結果、「運動したら足が太くなった!」と勘違いするんです。

むくみを防ぐためにも、運動前と後にふくらはぎや足のストレッチを行いましょう。

また、運動後は、リンパマッサージをしてむくみの解消を促します。

運動でむくみを引き起こす原因や対策方法の詳細は、下記の記事も読んでみてくださいね。

運動で足にむくみ発生
運動後に足のむくみが発生!翌日に足がパンパンになる理由

足を細くしたくて運動をしたら「足がむくんでしまった」という経験はありませんか? せっかく脚痩せしようと思って努力したのに ...

続きを見る

-脚痩せについて
-, ,

Copyright© びきゃく手帖 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.