びきゃく手帖

女性なら誰もが憧れる「美脚」。脚痩せするためには、どんな方法があるの?思いがけないことが、足太い原因にもなっています。「美脚」のための情報を紹介します。

脚痩せについて

スクワットで脚痩せしよう。間違った方法だと足がパンパンに太くなるかも!

更新日:

スクワットで脚痩せ

スクワットをして、足を細くしようとがんばろうとしているあなた。

でも、「スクワットしたら足がパンパンに太くなるよ。」とか
「スクワットをしても足痩せできないよ。」と聞いたことありませんか?

せっかく脚痩せをしようと、スクワットをがんばっても足が太くなったら悲しいですよね。

安心してくださいね。

スクワットをしたら、足は細くなります。

でも、間違った方法でスクワットをしたら足はパンパンに太くなります。

失敗する人は、間違った方法でスクワットをしていたのかもしれません。

ちゃんと、足が細くなるスクワットの方法を知っておきましょう。

スクワットで足痩せができる理由。太ももとふくらはぎの筋肉にアプローチ!

スクワットと聞けば、スポーツ選手、アスリートなどが行う「筋トレ」と言うイメージがありますよね。

でも、スクワットには「脚痩せ」にも効果が期待できるんですよ。

スクワットをすると、太ももに効果があらわれます。

足をメインに動かしますから、効き目が大いに現れる部分が「太もも」になるんです。

太ももには、大腿骨と言う骨を挟みこんでいる「大腿四頭筋」という大きな筋肉があります。

大腿四頭筋の裏側には、ハムストリングスと呼ばれる大腿二頭筋などの筋肉もあります。

この大腿骨を挟んでいる筋肉を鍛えることは、太ももに大きな影響をもたらします。

太ももの筋肉を鍛えることで、たるみ予防し、ハリのある太ももを作ることができます。

また、スクワットは太ももだけに効果があるのではありません。

スクワットによって、ヒラメ筋などが鍛えられ、ふくらはぎにも影響があります。

たるみの予防、ハリを作り、ふくらはぎの脚痩せを叶えてくれます。

スクワットは、一度行うだけでも多くの筋肉を使うことになります。

ですから、太ももやヒップ、ふくらはぎを効率よく鍛えることが可能です。

スクワットで足がパンパンに。太ももが太くなる場合があります!

スクワットで脚痩せができる理由に、納得してもらえたでしょうか。

「でも、スクワットすると足が太くなるって聞いた。」なんて人もいますよね。

「スクワットをしたら足がパンパンになった」なんて人もいるかと思います。

スクワットをすると足が太くなるというのは、本当です。

脚痩せできると言ったばかりですが、「足が太くなる」というのも、ある意味事実なんです。

実は、スクワットには種類があります。

足が細くなるスクワットと、足が太くなるスクワットがあるんです。

「スクワットをしたら足が太くなった。」という人は、足が太くなるスクワットをしていた可能性があります。

せっかく脚痩せのためにスクワットをするのですから、間違った方法で行わないようにしましょうね。

ちなみに「足が太くなるスクワット」というのは、ぶよぶよの太い足になるスクワットではありません。

スクワットをすると筋肉がつきます。

太ももの前側の筋肉が鍛えられることで、足が太くなります。

スクワットで足が太くなるというよりは、太ももに筋肉がつくことで「太ももが太くなる」というのが正しいです。

脂肪などで太ももが太くなるということではありません。

ですので、スクワットして足がパンパンにならないためには、太ももが太くならないスクワットをしていけば、脚痩せすることが可能です。

足が太くならずに脚痩せができるスクワットの方法

スクワットは、筋トレ効果があります。
ですから、筋肥大が起こると足は太くなります。

しかし、筋肉を太くするためには、一定の筋肉への負荷と栄養になるたんぱく質が必要です。

よく筋トレする人が、トレーニング後にプロテインを飲みますよね。

プロテインを飲むことで、筋肉肥大を支えるタンパク質を補います。
筋トレの効果を、最大限に引き出すんですね。

まずは、10回程度で、限界になるスクワットを3セット行いましょう。

10回で立っていられない状態であれば、筋肥大を起こす可能性があります。

ですから、負担を軽くした、壁に背中をつけたスクワットをすると良いでしょう。

壁に背中をつけ、ゆっくりと腰を下ろしていくことで、太ももの負荷も軽くなります。

スクワット自体の効果も緩やかになりますから、筋肥大を起こす可能性も少なくなります。

足に脂肪が多ければ、スクワットで筋繊維が多少太くなろうが、引き締まって見えます。

ブヨブヨの足から、キュッと引き締まった足になります。

脂肪があまりない、筋力不足の人が沢山スクワットをすると、太ももが太くなる可能性があります。

太ももに負荷のないスクワットをしていきましょう。

さらに、正しいスクワットのフォームも大切です。

両手を前に突き出し、腰を曲げ、膝はつま先から出ないようにします。

太ももと床が水平になった所でその状態を維持し、腰をあげ、元の姿勢に戻ります。

この際、背中はまっすぐにして、猫背にならないようにしましょう。

スクワットで脚痩せを成功させるには、正しいフォームも必要なんですね。

また脂肪燃焼率を高めるには、スクワットを行ってから、有酸素運動もしていきましょう。
有酸素運動の後は、下半身メインのストレッチを行いマッサージでケアをするのが効果的です。

無酸素運動の次に、有酸素運動を行うことで脂肪燃焼率があがります。

その後、運動後の老廃物をためないよう、ストレッチをきっちりと行ってくださいね。

寝る前に足のマッサージを行うことも有効です。

寝る前に脚痩せ
寝る前にマッサージをするだけで脚痩せにつながる!

日常生活で、寝る前に行うものと言えば入浴ですよね。 その際、脚痩せ効果を見込むことができる入浴法はあるのでしょうか? 習 ...

続きを見る

スクワットには脚痩せにつながります。
脚痩せのために、上手にスクワットを取り入れてみてくださいね。

-脚痩せについて

Copyright© びきゃく手帖 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.